ダーツのコツを正しく学びダーツバーで神になる!

ルール&マナー

 

 

ルール

 

1スローごとに交代

3本のダーツを投げることを1スローといい、基本的に1スローを終えるごとに相手と交代してゲームを進行する。すべてのプレーヤーが1スローを終えると1ラウンド終了。次のラウンドに移り、再び1スローずつ行う。
ただし、ゲームの種類によっては3投せずに相手プレイヤーと交代することもある。

 

先攻・後攻の決め方

公式のトーナメントでは投げる順番が非常に重要(多くの場合先攻が有利)なため、先攻後攻は「コーク」で決める。これは、プレーヤーが互いに1本づつ投げて、ボードの中心(ダブルブル)に近いほうのプレイヤーを先攻とする。
「センターコーク」「ミドル・フォー・ディドル」とも言う。
ただし、友人同士で楽しむ場合はじゃんけんやコイントスなどでもいいだろう。

 

刺さらなくてもソフトダーツでは有効

プレーで無得点となるのは、「アウトボードに刺さった場合」「ダーツボードに届かなかった場合」「スローラインを越えて投げた場合」「先に刺さっているダーツのフライトに刺さった場合」など。
このほか、「先に刺さっているダーツの上に乗った場合」「3投を終える前にダーツが落下した場合」「得点エリアに当たっていながら刺さらなかった場合」については、ハードダーツの場合は無得点。ソフトダーツでは、センサーが感知していれば得点になる。

 

ダーツを落とした場合の拾い方

スローラインに立ったあと、誤って手持ちのダーツをラインとダーツボードの間の床に落とした場合は、スローラインの向こう側に体のどこも触れないという条件のもとで拾い直すことができる。これを「ドロッピング」という。
落ちたダーツを拾う際に、体のどこかがスローラインの向こう側に触れてしまった場合は、ダーツを投げたとみなされアウトボード(無得点)となる。
スローラインの手前に落とした場合には、ダーツを投げたことにはならない。

 

 

goodマナー

 

いいプレーはほめる

相手がいいプレーをした場合は。「ナイスダーツ!」などと声をかけてプレーをたたえよう。それによって互いに気分よくフェアな精神でプレーできるものだ。

 

ダーツの正しい渡し方

ダーツを人に渡すときは、ティップを手のひらで包むようにして、フライト側を相手に向けて渡そう。ハサミなどの刃物の扱いと同じだ。

 

プレーの前と後には挨拶を

日常生活と同様、ダーツも礼に始まって礼に終わる。特に、初めて一緒にプレーした人には、また一緒にプレーしてもらえるように必ず挨拶しよう。

 

 

badマナー

 

他人のダーツを無断で使わない

お店によってはマイダーツの保管場所が用意されている。トラブルの元なので、無断で使うことはもちろん、間違って使用することがないよう気をつけよう。

 

くわえタバコでプレーしない

決して、格好のいいものではなく、ましてや煙が目に入って投げにくいはず。
また、飲食をしながら楽しめるのもダーツの特徴だが、スローイングの時には慎むのがマナーだ。

 

ダーツボードの前を横切らない

ハードダーツでは危険極まりなく、ソフトダーツでもけがをする危険があるので、ダーツボードの前を横切ることは絶対にNGだ。プレーの視界に入ると集中力の妨げになるので、順番を待っている間はプレーヤーの後方で座って待ち、移動するときは必ずプレーヤーの後ろを通ろう。
また、席を立つ場合は必ず相手に一声かけてからにしよう。

 

相手のプレー中は声をかけない

相手の集中を切らせてしまいかねないので、相手のプレー中は静かにしていること。もちろん野次などは論外。また、気の合う仲間同士でプレーする場合も、ほかのプレーヤーの妨げとなるので、声の大きさには注意しよう。

 

セットアップ時の注意点

相手がダーツを抜き終わってスローラインの後方に戻るまでは、セットアップしてはいけない。たとえ投げる意思がなくても、相手に恐怖心を抱かせるので絶対にNGだ。

 

空投げはほどほどに

お金を払わずにボードに向かって投げることを「空投げ」という。お店によっては禁止されており、たとえ認められているとしても延々と行うのはマナー違反だ。

 

野球投げはやめよう

野球投げは、物を遠くへ投げるための投げ方。ダーツでこれをやると思いのほかダーツにスピードがつき、ダーツボードを傷つけたり、ダーツが跳ね返ってけがをする恐れがあるのでやめよう。見た目にも格好のいいものではない。

 

プレーヤーには触れない

ダーツは非常にデリケートなスポーツで、少しの狂いが結果に大きく影響する。プレーの妨げにもなるので、プレーヤーに故意に触れることはもちろん、ぶつかることもないよう、プレー中は周囲に気を配ろう。