ダーツのコツを正しく学びダーツバーで神になる!

ダーツボードを知ろう

 

 

最高得点が得られるのはブルではない。

 

ボードは20等分されていて、それぞれのエリアに割り当てられているのが、1〜20までの数字(ナンバー)。

 

各数字は無作為に並んでいるように見えるが、最大得点の「20」の隣に「1」があるように、高得点を狙っても外せば低得点になるなど、ゲーム性が高まるような工夫がされているのだ。

 

プレー中に次のターゲットを探すことなく、すぐに狙いに入れるように、ボード上のどこにどの数字があるかは投げ込んで体におぼえさせてしまおう。

 

得点エリアは内側から「スモール・シングル」「トリプルリング」「ラージ・シングル」「ダブルリング」の4つに分けられており、ボードの中心にあるのが「ブル」だ。

 

 

得点計算

 

ブルには「シングル(アウター)ブル」と「ダブル(インナー)ブル」があり、ここが最高点と思われがちだが、実は最高点が得られるのは、20のトリプルなのだ(ゲームによって違う場合もあるが)。

 

ダーツは3本のダーツを投じて1スロー、参加プレーヤー全員が1スローを終えると1ラウンド終了。1スローの合計得点がプレーヤーのラウンドスコアとなる。

 

具体的な計算方法は右の図を参考にしてもらいたい。
ソフトティップダーツの場合は得点計算をマシンが行ってくれるが、やはり自分で計算できることが必要だ。

 

また、ダブルリングの外側は「アウトボード」のエリアで。ここに刺さっても得点にはならない。