ダーツのコツを正しく学びダーツバーで神になる!

スローイング(フォロースルー) THROWING(follow-through)

ダーツをリリースした後の腕の動きが「フォロースルー」。確実にターゲットを仕留めるために欠かせないポイントなどを学ぼう。

 

 

 

ダーツを置きにいかずしっかりと腕を振る。

 

フォロースルーの基本は、目線をターゲットに向けたまま、ターゲットに向けて手をまっすぐ伸ばすこと。

 

肘を上に跳ね上げるようにしてダーツを送り出すイメージで、リリース直後から徐々に力を抜いていき、投げ終えて静止した時には人差し指がターゲットを指し、手のひらが床に向いているとよいだろう。

 

また、狙いすぎて慎重になると、ダーツを置きに行きがちだ。それではダーツにスピードが乗らないので、中途半端に止めずにしっかりと腕を振ろう。

 

フォロースルーはスローイングの一連の動作。したがって重要なことには違いはないが、フォロースルーにとらわれすぎて、その前の投げ方がおろそかになっては本末転倒だ。

 

フォロースルーはあくまで結果、自分の状態を把握するチェックポイントと考えるといいだろう。